マンツーマンから始まり、ディフェンス意識を共有するために時間を割くコンサドーレ札幌。守備練習があると言うことは攻撃側も居るので攻撃練習にもなっているんでしょうが、ミーティング時にVTRを見せて今年の守備指針を説明するなど、昨季までの受け身守備から脱却を図ります。

昨シーズンまでのサッカーでは、ゴール前に多くの人数を割き、プレッシングゾーンを(意図的に?)下げて守備が行われていました。そのために、ボールを奪ってから相手ゴールまでが遠く、時間がかかるため、アバウトなロングボールを前線に送ったり、クライトンのキープ力とパス精度、ダヴィの突破力に依存していました。

守備から攻撃への切り替えの際、走る距離が長くなってしまい、決定的な場所までトップギアでエネルギーが持続しないというのも問題でした。なによりも、ボール保持者にプレスをかける場所が自ゴールに近い位置なので、それまで相手に好きなように攻撃を組み立てられ、こちらは陣形を崩され、相手側は勢いがつくという欠点がありました。

今シーズン石崎監督の下で目指すサッカーは、高い位置から自分たちがボールを奪いにいくというもの。まあ今では普通といえば普通なのですが、これまでは無かった部分ですから、時間をかけてやっていくんでしょうね。縦にも横にもコンパクトに。逆サイドに振られると弱いですが、高い位置で奪えれば相手ゴールまで近く、相手も守備を整える時間が無いわけですから、短時間で決定的な場面が作れます。

どちらか一方ということではなくメリハリなんでしょうけど、全員が意識を共有出来れば面白い展開が期待出来そうです。速い選手は多くいますからね。ぶわーっと、二次三次の、厚みのある攻撃を期待します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で