父親の看病でグアムキャンプには不参加の、今期コンサドーレ札幌の10番を背負う男クライトン。

ですが、前所属クラブであるアトレチコ・パラナエンセ(Clube Atlético Paranaense)公式サイトで、「クライトンが09年シーズンの新戦力になる」と掲載されているようです。なにィ!

昨シーズン、クラブの戦術に不満を漏らし、僅か一週間で去っていった男が今年Jに復帰していますが、クライトン……。

父親の看病という事情が事情なだけに、もし移籍ということになれば悲しいけど仕方無いかなという気持ちではありますね。しかし彼のプレーを見られないのはすこぶる残念です。J1でも無類の強さを誇った鬼フィジカルと優しいパス。見たいなあ。

ただそうなってしまうと、今年はクライトン中心でという目論見が崩れてしまいます。中盤の守備の要を失った昨季の二の舞は避けたいところですが。パラナエンセ側は人的補償を付けるとしていますが、彼に替わる選手はそう見つかるものではないでしょう。替わりが効くならお前らが(略)

ともかく、今は五分五分とのことですが、お互い円満に収束して欲しい問題です。静観。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で