ダニルソンと大伍の移籍(期限付きだけど)によって、守備の出来る中盤選手が減ってしまった今年の札幌。布陣を4-2-3-1から4-4-2に変更したことで中央の人数も3人から2人に減り、攻守両面で昨年以上に高い能力を求められています。

これまでの選手に加えて藤山や俊Pも組み合わせてやりくりしてみたそうですが、これというコンビには巡り会えず。試行錯誤はシーズン開幕してからも続きそうです。


攻撃を重視すれば押し込まれて守備がおろそかになり、守備を重視すれば奪った後の展開が手詰まりに。当初の構想では芳賀の起用が有力視されていたんだそうですが、熊本キャンプスタート以降コンディションを落としているそう。全く触れられてきませんでしたが、そういう理由があったのね。

芳賀が出られないとなると、かなりの痛手。他の中盤は主に攻撃的な選手で、芳賀のような危機察知に長けた守備で貢献出来る選手が居ないからです(ハンジェや藤山がこなしてくれたらいいんだけど、そうなると今度はSBが手薄に)。

俊Pもボランチで試したそうですが、ソンファンの回復が遅れているので当面は西嶋がCB。となると俊Pの左SBも動かしにくい。右SBはハンジェをお試し中で、他には堀田、上原とスタメンにはちょっと心許ない。バランスよくなるように補強されたとはいえ、前線にタレントが偏っている状況は去年からあまり改善されていなかったと。

中盤ボックス型の2トップに拘るのであれば、どうしたって中央は2人。芳賀が復調してこないのなら、宮澤と上里を同時に使いたいなら我慢して使っていくしか無いんじゃないかなあ。2トップに拘らないのであれば、去年のような形で2人に+藤山orハンジェのアンカーなんていうのもありかもしれないけれど。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で