18日にキックオフイベントを終えたコンサドーレ札幌は19日、札幌ドームで体力測定を実施。それと並行して石崎監督式のトレーニングも行われたようです。

「コンディションはデータ的にも良くない」「現時点で全体的に物足りない」と、石崎監督、石栗フィジカルコーチに言われてしまったコンサドーレの選手達。この2年は練習量も少なくて、昨年は途中移籍してきた箕輪が呆れていたほどでしたから、それに慣れていた選手には厳しかったかもしれません。+罰ゲームもあるし。そして、一番罰ゲームを受けたのはやはり元気でした。しかし、これはまだ序の口なんだそうで、グアムでは一層厳しいメニューが待っているという話。元気は最後まで立っていられるかな。

J1仕様の身体を手に入れるためにはトレーニングあるのみですね。

今週のサカマガで、コンサドーレも小さいながら09シーズン予想が載っていましたが、サカダイと同じくこちらもフォーメーションは4-2-3-1。やはり、柏時代にベースとしていた4-2-3-1の可能性が高いのでしょうかね。中盤のトライアングル(2と3の中央)がどのような組合わせになるのか楽しみです。ただ、メンバーがちょっと違い、柴田が右SBとなっていました。あるのかな?

柴田や吉弘がSBもこなせるようになれば面白いかもしれませんね。セットプレー時の得点力はもはや伝統ですし、DF全員鬼フィジカルを身に付けてもらおう。

チームは今日、グアムに出発です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で