HFCも本日で仕事納めだそうですが、その仕事納めの本日、正式に来季の新監督として石崎氏、フィジカルコーチとして石栗氏の就任が発表になりました。柏レイソルの天皇杯躍進によって発表が遅れていたようですが、ようやく発表になりましたね。

その柏はFC東京を下し、天皇杯決勝に駒を進めています。

コンサドーレの赤黒の縦縞を決めた石崎氏が遂に札幌の監督に就任決定です(コンサドーレ札幌 新監督に石崎 信弘氏が就任)。
石崎氏は前述の柏レイソルや、川崎フロンターレ、大分トリニータといったクラブで実績があり、若手の育成にも定評があります。この2年、前線からはダヴィ、中山元気が頑張っていましたが、中盤から後ろは棒立ちと言われていたコンサドーレの守備が、石崎さんの指導の下で激しいプレッシャーと運動量を会得出来るのか、注目です。大伍や上里、岡本なんかは期待度も高いですし、それなりのものを持っていると思いますので、09シーズンは特に期待値が高いです。

契約期間は1年ですが、短期的な結果もさることながら、クラブの育成実績のある方なので、長期的な視野を持って見てあげて欲しいですね。クラブが提示したヴィジョンを元に、根幹となる部分を強く太くしていってもらいたいです。あれは叩き台となっている事もあるでしょうから、より良くしていくために多少の変更があってもいいでしょう。

そして、フィジカルコーチとして石栗氏が久々に札幌に復帰です(コンサドーレ札幌のフィジカルコーチに石栗 建氏が就任)。
札幌を離れて以後、今季まで東京Vのフィジカルコーチを務めていました。07、08シーズンにおいて、監督の意向や予算の問題もあり、フィジカルコーチ抜きで戦って来たコンサドーレは、怪我人が絶えず厳しい環境を自ら作ってきてしまいました。石栗氏就任ですぐに全てが解決するわけではないですが、そうした不安が取り除かれるというのは大きいですね。日頃のケアも変わってくるでしょうし。

08年も残り3日と言うところでようやく来シーズンの監督が決まったコンサドーレ札幌。正式に決まる前から選手たちにはある程度情報は伝わっていたでしょうが、新シーズンに向けて、各選手まずは今以上のスタミナ強化に取り組んでいかなくてはなりません。相手より下手な上に走り負ける。という絶望的な状況からは脱却できそうなのは嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で