コンサドーレ札幌は23日、今季限りで大宮との契約が終了したGK荒谷選手の獲得と、仙台にレンタル移籍中のGK林卓人選手のレンタル期間延長を発表しました。そうか、林はまた帰ってこないのかー。

守護神高木を大宮にバック、富永も契約終了し、新加入としてはユースから曳地くんを上げたのみで、GKの補強は急務でしたが、レンタル中の林は戻らず。その代りと言っては失礼なんでしょうが、大宮を退団するベテランGKの荒谷を獲得ということになりました。

仙台は来季同カテゴリで対戦相手となるだけに、林のレンタルを継続というのは敵に塩を送るようなもの。自分の首を絞めかねないと思うのですが、優也と林でファンタジー系を揃えても仕方無いか。林からすると入れ替え戦で悔しい思いをしただろうし、来季こそは!という雪辱を晴らしたい気持ちも強いんでしょうね。

ただ、同一クラブに3シーズンレンタルは無いだろうと思ってしまいます。ほら、払うべきものを払ってくれたら資金難で苦しむ札幌側としても助かるし、お互いにすっきりするじゃないですか。戦力として考えているならば、そう長くレンタルを続けるべきでは無いと思います。

ともあれこれでGKは4人を確保。後は近々発表になると言われている、外国人選手加入(コルドバ、趙)と、石崎さんの監督就任発表ですね。日本人選手ももう1〜2人取りにいくのかな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で