久しぶりにオフィシャルパートナーに動き。しかも良いニュース。

北海道コンサドーレ札幌は12日、オフィシャルパートナーにあいプラングループが加わると発表しました。スポンサー最上位のオフィシャルパートナーは試合ユニフォームへの広告掲出を行うことができ、あいプラングループのロゴマークはユニフォームの背中袖に掲出されます。

新ユニフォームは7月31日にアウェイで行われる第26節、レノファ山口FC戦から着用を予定。ホームゲームでは第27節の清水エスパルス戦より着用を予定しているとのこと。なお、これに先駆けて第25節のFC岐阜戦の試合前に、新ユニフォームのお披露目が行われるということです。

あいプランのプレスリリースにユニフォームのイメージが載っています。ホームユニフォームでは「あいプラン」、アウェイユニフォームでは「あいプラングループ日本互助会」と、それぞれ別のロゴが入るようですね。

あいプラングループ について

あいプラングループは、昭和38年に北海道札幌市で冠婚葬祭互助会として創業し、結婚式場「藻岩シャローム教会(札幌市南区)」「ブルーミントンヒル(旭川市)」、葬祭式場「やわらぎ斎場」などを展開。

サービスプロミス「LOVE & THANKS ~ 人生に愛と感謝を咲かせる会社」を掲げ、人生のかけがいのないひとときを預かる企業に相応しい知識やおもてなしのサービス向上を通じて、地域の人と人との絆づくりに努めています。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly