北海道コンサドーレ札幌は29日、J1サガン鳥栖から菊地直哉が期限付き移籍で加入すると発表しました。期間は2016年7月1日から2017年1月31日。2016年7月2日よりチームに合流するとのこと。

失点を少なく抑えてはいるもののディフェンスに不安を抱えていてCBを増やしたいし、長期離脱の負傷者が複数出てボランチも厚くしたい現在のチームにとって、両ポジションをこなせる菊地は願ってもない人材。いい補強といえるのではないでしょうか。

札幌公式:菊地直哉選手のコメント

「この度、北海道コンサドーレ札幌でお世話になることになりました菊地直哉です。少しでもチームの勝利に貢献し、自分自身も成長出来るように頑張ります!応援よろしくお願いします」

via: コンサドーレ札幌 オフィシャルサイト

鳥栖公式:菊地直哉選手コメント

「この度、北海道コンサドーレ札幌に期限付き移籍する事になりました。どんな時でも温かい応援で支えてくれた皆さんに感謝してます。またこれからも、サガン鳥栖をよろしくお願いします」

via: サガン鳥栖

昨シーズンはリーグ戦31試合を含む公式戦35試合に出場した菊地ですが、マッシモ・フィッカデンティ監督が就任した今年はここまで8試合の出場にとどまっていました。鹿島アントラーズの青木剛が鳥栖へ移籍したことも影響あったかもしれません。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly