13日の記事になりますが、コンサドーレ札幌は、以前より獲得交渉が大詰めと報道されていたブラジル人FWキリノ(QUIRINO)選手の新加入を、正式に公式サイトで発表しました。

前回の報道があった時点で、ユールゴーデンIFの公式サイトでも既にリリースがあり、12月1日から札幌に合流するというような事が書かれていたので、後は札幌側の発表を待つばかりという状況でした。

名古屋へ移籍していったダヴィと同様に、結果は勿論のこと、サポーターに愛されるキャラクターだと良いですね。

カリーノ、キリーノ等と呼び方はどうなんだろうかとありましたが、登録名はキリノと日本名ぽい感じになりました。

スウェーデンでプレーしていたと言うことで、札幌の気候・環境面での不安はそれほど無いだろうと思います。それを見越して視察に行っていたんだろうと思いますし。後は新監督や、チームメイトとの相性ですね。

181cm/79kgと北欧時より背は2cm縮んでしまいましたが、重力の差でしょうか。ごつい上に、それでいてスピードもあり、ハイライト映像を見る限りJ2じゃ反則レベル。まあ、素晴らしい能力を持っていても合う合わないがありますから、ハイライトは所詮ハイライトと割り切っていた方が良いかもしれませんが。

ただ、外国人移籍に関しては割と成功例が多いので、自然と期待値は上がってしまいます。わくわく。ネタ外人の時も、それはそれで、ね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で