ゴールのためのパスではなく、パスを回すためのパスをして満足―どこかのメガネ監督に率いられている代表と同じような悩みを、昨年のコンサドーレ札幌も抱えていました。

ポゼッションは出来るのだけど、相手のブロックを崩すには至らない。打つ手が無くなり、苦し紛れのシュートやクロスでお茶を濁すような場面が多々ありました。キリノ任せで、他にスピードのある選手を揃えていながらカウンターに迫力が無かった。


「チャンスのときはカウンターをするべき。陣形(が整うのを)を待つ必要はない」
と、石崎監督。

昨年も狙ってそうしていた訳では無いのだろうけど、自信のなさがそうさせてしまうのか自ら仕掛ける選手・場面が少なかった。ベテランの加入で今年はそういう駄メンタルを積極的に改善していこうという姿勢は見られます。

遅攻ばかり目立っていたけど、だからと言ってそこからの得点は多くなく、結局得点は速攻という昨年のパターン。今年はより攻守の切り替えを早くし、選手の特徴を活かしてより直線的にゴールへ向かう展開が増えてくるかもしれません。

「ゴー、サッポロ、ゴー!」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で