レンタル移籍中の5選手のうち、箕輪に関しては先日完全移籍での獲得が発表になっていましたが、残りの4選手(高木、坪内、平岡、デビ純)については移籍期間の延長を行わないようです。

以前からネガティブな形で契約延長は無さそうなことは報じられていましたが、4人全員と延長しないことになるとは。特にキーパーのぎーさん(高木)は札幌の守護神として活躍していましたし、坪内に関しては今年一番出場時間が長かった主力選手でした。

池内もそうでしたが、クラブの財政的な理由で契約出来ないというのは切ないものです。

契約終了した選手に次いで、坪内、平岡、デビ純と、今年右サイドバックをこなした選手がクラブを離れることになり、さて、これで完全にサイドバックが足りませんよ。足りませんというか、居ないです。宏太獲得が現実となれば、得点に関しては外国人選手が外れた場合の保険になり、残る補強ポイントは後ろ側。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で