将来への投資とも言うべく、育成枠で当初の予定よりも前倒しで獲得していたFWエジソン選手。しかし、レンタル元のヴィトーリア側からの要請で、U-20ブラジル選手権に出場すべく帰国することになってしまいました。

まだまだ線は細いながらも、練習試合では結果も残し、徐々に存在感を強めていたエジソン。

コンサドーレ札幌は今オフより、選手獲得をする場合、育成後の安易な流出を避けるために完全移籍での獲得を目標としています。

ただそうすると、新規加入ならまだしも、他クラブから獲得した場合に初期投資にもある程度お金がかかってしまいますから、失敗したときのダメージもそれなりに大きくなってしまいます。臨機応変に対応出来れば良いんでしょうが、仕組みを切り替えたばかりの時に、いきなり融通を利かせるわけにもいかないんでしょうね。

また戻ってこれるといいなー、エジ。
一旦お別れになるけれど、U-20ブラジル選手権での大活躍を期待して。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で