監督人事もほぼ決まり、来季の編成も固まりつつあるコンサドーレ札幌。

札幌所属選手に関しての契約満了が発表になりましたが、レンタル選手についてもGK高木以外の選手について報道がありました。

まず、既に完全移籍での獲得を目指しオファーを出していた川崎のDF箕輪選手については、無事交渉が纏まったようで、札幌への移籍がほぼ決定。今年は短期間でしたが、タフな精神力とそのプロフェッショナルな姿勢で若手を引っ張ってくれました。

その他怪我をしているGK高木を除く、DF坪内、平岡、MFディビッドソン純マーカスの3選手については、レンタル期間を延長しない事が明らかになりました。残る高木はどうなる?

あら、坪内返却しちゃうのか。平岡も予定通りに。となると、DF登録が吉弘、曽田、西嶋、堀田、柴田、箕輪の6人。ここに今後獲得するだろう外国人DFを加えても7人。曽田と箕輪は復帰に向けたリハビリの最中であり、人数的にもポジションにも不安が。この中でSBは西嶋1人ですし。

石崎さんは柏では4-2-3-1が基本でしたから、札幌でもこれを踏襲してくるでしょう。3バックに回帰するという手もありますが、このメンバーで3バックとなると劣化川崎山脈にしかなれませんから、ライン引き気味なのに裏を狙われて、なおかつ取られちゃうという今年のパターンをそのまま引きずりかねません。

新聞記事では外国人センターバックを補強するような記事がありましたが、4バックに手を出せなくなってしまうよりも、現実的にはサイドバックを補強していくことになるのかなと思います。

坪内、返しちゃうのか。取りに行って欲しいなあ。移籍金かけてまでっていうことなのか、今年の吉弘で懲りたのか。左右SBこなせるだけに惜しいですね。

4:征也 箕輪or柴田 外国人or曽田 西嶋
2:芳賀or上里 コルドバ
3:大伍 宮澤 上里or岡本
1:キリーノ
今のこんな感じになるのかなあ。3の部分はかなり流動的になりそうですが。4の部分も、2の部分もか。

藤田、岡本、上里、西、宮澤といった若手成長株を、のぶりんのシステムの中でどう活かすのか楽しみ。今の状態だと謙伍の名前を出せないのが残念。中堅メンバーの芳賀や元気もまだまだスタメンを譲る気は無いでしょうから、今年と違いポジション争いも熾烈になりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で