監督捜しが難航しているかのように思われたコンサドーレ札幌。
しかし、こういう展開になることは想定内だったのか、有力候補の1人だった柏の石崎監督が契約終了のため来季はフリーに。そのため再び札幌側は石崎氏との交渉を開始。札幌・石崎監督誕生に大きく前進したのでした。

東芝OBで赤黒ユニの創始者でもある石崎さんが就任となれば、若手育成を掲げるコンセプトと相まって今年以上に盛り上がりそうな気がします。

ただ逆に、切り札的な石崎氏を招聘することになるので、仮になかなか結果が出なかったとしても、フロント、サポーター共にじっと我慢していかねばなりません。

石崎さんが取っている戦術だと今なら4-2-3-1になるんだろうか。中盤から前は居るけど守備に人がいないなあ。

契約終了選手も何人か発表になっています。オフィシャルでの発表はまだですが、報道によるものと、時代の流れか公式ブログによるもの。

現時点では大塚、ヨンデ、池内の3人。3人ともJ1昇格の原動力でした。

池内(公式ブログコメント
05年には11得点を決め、チーム得点王にもなった当別の星。道産子だし、CB&SBをこなせるユーティリティー性や、セットプレー時には欠かせない選手だったので引退まで居るもんだと勝手に思っていました。残念。
大塚
中盤を落ち着かせる事が出来る貴重な選手でしたが、去年から判断の遅れが目立ち、怪我の影響もあってか今年は1試合を通して好パフォーマンスを維持する事も難しくなっていました。ベストな状態で長く出られたら、もう少し結果も違ったかもしれない。
ヨンデ(公式ブログでのコメント
昨シーズン終盤、停滞していたチームにやってきて勢いを取り戻してくれた。本職はボランチながら、右SBを任されることも多かったがそつなくこなす。大阪戦などでいいプレーを見せていたけれど、今年の出場時間の無さはラインを崩す積極的なプレスが嫌われた?

プロの常、若手路線へ変更の弊害とはいえ、チームを支えてきたベテランも去っていくんですね。お疲れ様でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で