毎年開催されているサポーター有志の集会「サポーターズ集会2010」が11日に札幌市白石区のコンベンションセンターで行われ、HFCからは矢萩社長と三上強化部長らが出席。サポーターとクラブのフロントによる意見交換がなされたそうです。


その席で三上部長は今年の勝ち点目標を「75」とし、次のステップに進むために高いハードルをチームに課しました。36試合で75、昨年と同じペースでは勿論到達出来ません。単純に勝利数だけで見ると25勝必要なので、相当なハイペース。

昨年多かった下位に対しての取りこぼしが許されないだけではなく、千葉、柏、甲府といった昇格の筆頭候補である強敵との対戦でもしぶとく勝ち点を拾っていくことが求められます。のぞむところだよ。

新加入選手については能力的には問題無いとしながら戦術理解、連係面で不安が残り、昨年からいる選手についてはある程度戦術理解は進みながらも、局面の判断力で不安が残ります。ゴンが復活しハンジェが合流する熊本キャンプでどこまで戦術理解を深めていけるのか。怪我が多発しているセンターバックのバックアップはあるのかどうか。

基本人件費だけではなく勝利報酬もカットされるという極めて厳しい財務ながら、収入増についての具体策は示されなかったというのは不安です。集会では言えなかっただけで裏ではしっかり動いてるんだよね?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で