そ、そんなにお金無いの?と心配になってしまうニュースですが、コンサドーレ札幌は現在居る4名のコーチの他に、キャンプ等の期間限定で、臨時にスペシャリストを迎える考えがあるそうです。

昨シーズンの疲労とJ1の負荷を、舐めていたわけではないでしょうが、対応しきれずに今シーズンは守備陣を中心に怪我人が続出。

予算の都合であったり、三浦監督の意向でもあったフィジカルコーチ不在ですが、結果としては見通しが甘かったと言わざるを得ないでしょう。

転びっぱなしではいけませんから、来年は今年の反省を活かして、怪我しにくい身体作りにも取り組んでいかなくてはなりません。そのために期間限定とはいえフィジカル強化のスペシャリストを呼ぶのでしょうが、疲労やコンディションの問題が出てくるのはシーズン中。どう乗り切っていくつもりなのだろう?

いざとなったら、また伝家の宝刀抜けばいいやなんて思ったりしていないだろうか。いや、こういうチームを上向かせるために必要な事ならば、孫に強請られると断り切れないおじいちゃんおばあちゃんのような札幌サポは、結構喜んでお金出しそうな気はするけども。去年のようにさ。いいならいいんだろうけど、あんまり何度もやるもんじゃないとも思う。

とはいえ、フィジカルコーチはチームのこの惨状を見るに必要不可欠ですから、期間限定でも何かしらノウハウを学べると良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で