フロントからサポーターへ、オフィシャルな形での来期以降の”ビジョン”というものは示されていないまま日は過ぎていますが、矢萩社長や村野GMから既に”若手育成”と言う方針が言われているように、選手獲得やスタッフ編成からそういった方向性が徐々に見えて来ているような気がします。

来期加入第一号として、沖縄大学のFW上原君との契約が発表になりましたが、現在C契約を結んでいる”育成枠”のエジソンも、契約延長と言うことになりそうです。

去年から今年にかけてのFWダヴィの成長、そして彼の移籍による移籍金の獲得というのが、今後、札幌が狙う財源の1つの形になっていきそうです。

勿論、長期間クラブの戦力として在籍してくれることが出来れば、選手に対して愛着も湧きますし、嬉しいのですが、残念ながら現在のコンサドーレ札幌は、スポンサー収入も限られており、資金源の確保が急務。成長見込みの高い外国人選手や自前の選手を早くから獲得して育成。そしてビッグクラブへ移籍。という、海外でもよくあるような育成型クラブの形を取らざるを得ないという現状です。

そして、その原石を見つけだすために、HFCは来期から強化部スタッフの増員を検討中だそうです。現在は三上強化部長と、村田スカウト担当の2名。少なっ。

よく名前が出ている2人だけで、今まで移籍関係をやりくりしていたのかと驚いた。2人でアマチュア選手からプロの日本人選手、そして海外もとやりくりしたら、さすがに仕事量が多すぎますし、効率も悪いでしょう。

「より多く、より広くスカウティングできるようになる」というHFCの矢萩社長も前向き。

監督も決まらないうちから、来期に向けた選手編成の動きは活発化してきていますが、発表が無い(今はまだ大人の事情で発表出来ない?)だけで、ある程度見込みのあるところまで話が詰められているということでしょうね。ね?

まだ各新聞紙毎に候補が割れていますが、誰になるんだろう。

秋春制に向けて、これじゃあ夏春制じゃないかという無茶な試算を出されたりしていますが、現在最北のクラブであるコンサドーレ札幌としては、生き残っていくために今出来ること、やらなければならないことを粛々を進めていくしかありません。やるとなったら強行でしょうから体力付けないとね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で