降格決定の翌日に元日本代表監督のイビチャ・オシム氏を招聘へという仰天ニュースでニッカンの一面を飾ったコンサドーレ札幌。しかし、一夜明けるとトーンダウンし、HFCの矢萩社長が自らオシム氏との交渉を否定。候補には入っているものの、まだ接触はしていないとのこと。

降格のショックを和らげるための飛ばし記事だったの?と勘ぐってしまいますが、未だに「まず、クラブの来季のビジョンを決めて、三浦監督と話をすることが最優先」と三浦監督の続投の可能性を残しているのはさすがに拙い。

降格の可能性は早々にあったわけだから、その時点から来期以降の計画を立てていかなくてはダメでしょう。これから決めてたら遅すぎるし、監督人事他、選手に関しても後手に回ることになってしまいます。まあお金が無いので選手に関してはどっちにしてもあまり獲得は出来ないでしょうが。

しかし、監督については、今後の育成にも関わってきますし、よい指導者を招聘することが出来れば、ユース年代にもその効果が波及していくことになりますし、多少資金をかけても長期的に見てプラスになるでしょう。

なまじっか三浦監督で去年昇格出来たばかりに、続投を望む声も少なからずあるようですが、昨シーズンも中盤以降の失速や、今期において戦術が通用しないばかりか(怪我人を考慮しても)、選手との確執まで出てくる始末。試合後に選手の力不足を第一に叫ぶばかりの監督では長期政権を任せるのは酷というモノでしょう。

オシムが実現しないにしても、長期的なビジョンの元に立って監督選びを進めて欲しいものです。

オシムじいちゃんは明日22日、アドバイザーとしての活動と病院での検査のために来日予定。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で