続投か、解任か。
報道によってもサポの間でも割れていたコンサドーレ札幌の三浦監督の去就ですが、やはり退任ということになりそうです。

昨年は昨年。今年は今年ということで、J1最低ランクの強化費で戦うことを余儀なくされた事を考慮しても、如何せんこの成績、内容ではやはり退任への流れは避けられないようです。

昨年は、中盤以降に失速しながらもなんとか巧いこと計算通り勝ち点90という数字に着地出来た三浦監督率いるコンサドーレでしたが、今年は対戦相手が全て格上のチームということもあり、算数のようには行きませんでした。

来期に向けての編成もいよいよ本格的に動き出しているようで、Jリーグ指導経験者かつ日本人で来期監督を模索中。少なかった今期よりもさらに2億以上減って、強化費5億円の中で果たしてどんな監督が来てくれるんでしょうか。J2とはいえ貧乏は苦しいです。

出来るだけここに一番お金をかけた方がいいと思うんですよね。やはり良い指導者がいてくれることで、プロとはいえ選手も育ちますし、下部組織の育成方針にも統一性が出てきます。

そしてスタッフの見直しもそうですが、来期以降怪我人を減らせるように、今期のトレーニングメニューや選手の食事、ケア方法なども見直さなくてはなりませんね。ただでさえ他クラブに比べて戦力が見劣りするのに、今年はあまりにも怪我人が多すぎましたね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で