左足外側腓腹(ひふく)筋損傷の疑いで、練習は行わず休養している吉弘。札幌からグアム入りした専属ドクターの診断結果次第では早期帰国になりそうとのことで、治療に時間がかかるとなるとCB不足が深刻になってきます。


吉弘は昨年後半徐々に出場機会を減らしていたので、スタメンを奪回しようと今年にかける思いも強かっただろうに。長期離脱になってしまうと本人にとってもチームに取っても痛いですね。ソンファンも左かかとの疲労骨折は完治したとされながら未だ別メニュー調整が続いているし、調整の遅れが続くと序盤は藤山や西嶋のユーティリティー性に頼る機会が増えそうです。

今年は36試合38節と昨年より大幅に試合数が減少。つまづくと挽回が難しくなってきます。苦しいけれど、ここがチャンスとばかりにベンチ入りする段階まで伸びて来ている堀田が飛躍するシーズンになるかもしれないね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で