リーグ戦第13節の名古屋戦で失点に直接繋がるミスをしてしまい、これが監督の逆鱗に触れたのか、この試合以降はスタメンはおろかベンチにも入らなくなってしまって早10数試合。完全移籍でせっかく獲得したのに、半年もせずに腐ってしまったかと思われていた背番号2番、DF吉弘選手が遅まきながらここに来て信頼回復へ必死になっているようです。

広島時代の元チームメイト柏木が、秋田で行われた天皇杯の試合後に、わざわざ足を運んでくれたこともモチベーションアップに繋がったのでしょうか。広島は今年J2をぶっちぎりの成績で優勝。既にJ1復帰を決めています。

サテライトリーグの千葉戦では先制点を上げる活躍。しかし失点にも絡んでしまい渋い表情。やはりDFとしてはまずは得点よりも失点を防いでなんぼですからね。点を取った事の嬉しさよりも、失点による反省の方が大きいんでしょう。経験のある箕輪が居るうちにもう少し学んで起きたかったですね。精神的なムラも無くしてDFリーダーとして頑張ってほしいところ。

同じく序盤チームを支えたDF柴田くんも怪我から復帰してきているようで、サテライト戦に出場したようです。

数字を見ても、プレーを見ても一番身体を張って守れていたのが柴田&吉弘がCBでコンビを組んで戦っていた時期なので、今シーズンもう残り少ないですが、1試合でも多く2人にJ1で経験を積んでもらいたいなと思います。来シーズン、間違いなく主力で活躍してもらわないと困る選手ですからね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で