現在J1で断トツ最下位に低迷するコンサドーレ札幌を運営する北海道フットボールクラブ(HFC)は、三浦監督に対して、来期も続投を要請する可能性が高いそうです。

昨年からチームを率いてきたプロセスを評価とのことですが、今シーズンは怪我人が多発した事で監督だけの責任とは言い切れないとはいえ、J2のあの日程の中を、ベテランに近い選手達をほぼ固定で戦ったことにもその一因があるんじゃなかろうか。実際に、大塚、曽田、西嶋、西澤、ブルーノ・クアドロス(現在FC東京)と守備ラインはほぼ全員回復までに長期を要する怪我を負ってしまいましたし、中盤から前の選手達も言わずもがな。まあ今年から加入した選手もぽろぽろと怪我していますが。

それに、三浦監督の代名詞でもあるゾーンディフェンスが去年後半から全くといって機能していないどころか、むしろ対応策を講じられてからは相手に積極的に狙われる穴にすらなっている状況で、さらにもう1年任せるというのは自殺行為ではないか。怪我人で最終ラインが試合ごとに変わる状況でも、何ら変わりなく同じように失点し続けていますからね。

今シーズン無失点で終えた試合は不調の千葉、そしてお互い消極的な戦いを披露した大分の2戦のみ。

仮に続投ということになった場合でも、去年昇格出来たのだからと安易に考えない方が良いと思いますね。3バックから4バックへの移行で、こちらよりもむしろ相手が戸惑ってくれたのと、最有力候補だったヴェルディや京都が途中で躓いてくれた去年は運が良すぎたということです。果たして3位でリーグ戦を終えた場合、広島との入れ替え戦を勝てたでしょうか?

J1とJ2で勝てる戦い方が変わってくるというのも勿論ありますが、J2仕様ではJ1で通用しないというジレンマもあります。万が一続投することになったとしても、三浦監督自身、全く通用しなかった自身の戦術、試合ごとに繰り返す選手批判による信頼関係の冷え込みについて考え直すよい機会になるんじゃないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で