誰が出ても、どういうプランで臨んでも1点差負けが続き、ある意味安定した試合を出来ているコンサドーレ札幌。

ダヴィの移籍騒動、キャプテンMF芳賀やDF吉弘に見られるメンタル面での問題と、内部からも綻びが見え始め、いよいよ末期症状が出始めておりますが、前を向いて戦う選手もまだまだ多く居ます。

本当に厳しいけど、失望させるわけにはいかない。プロとして、目の前の試合を100%で戦うことが来年につながる。それができない選手に来年はない」

と、自分自身のみならず、戦えていない選手に向けても苦言を呈すようなDF坪内選手のコメント。

そうなんです。今年J2へ降格しても、クラブレベルではJ1昇格という目標に向かって来年は戦っていくことになりますし、選手レベルでは今後何年もサッカー人生は続いていきます。年齢的に後が無い選手たちも、指導者や、タレント、フロント入りなどへ道がありますし、それぞれの今後に繋げていくためにも目の前の試合で結果を出そうと、一丸となって前進していかなくてはなりません。

ギリギリの厳しい状況というのは、なかなか体験できるものではないですから(コンサドーレは今後も昇降格を繰り返すでしょうけど)、モチベーション維持も難しいとは思いますが、この厳しい戦いを糧にして成長していってほしいですね。

監督は怪我人使い続けて「運が無い」とかいって壊すの止めてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で