電子書籍の定額読み放題の本命として国内でも今月からサービスが開始された Amazon の「Kindle Unlimited」ですが、当初の想定を上回る利用者により、人気タイトルをラインナップから外す措置をはじめたそうです。

朝日新聞デジタルによると、Amazon はスタートダッシュをかけるために、出版社へ支払う利用料を年内に限って上乗せする契約を結んでいました。しかし想定以上のダウンロードによって、出版社へ支払う予算が不足する事態に。

そのため Amazon は「このままではビジネスの継続が困難」と判断し、人気の高い本をラインナップから外したとしています。せめて最初の一ヶ月くらいは頑張ってもらいたかったところですけれど。

実際に「Kindle Unlimited」の1ヶ月無料体験を試してみたところ、読もうと思ってウィッシュリストに入れて、そのままになっていた本を読めたり、そこから関連本に出会えたり、あるいは買ってまでして読まなかっただろうジャンルの本・雑誌を読めたりと、それなりに楽しめてはいました。

ただこうしてラインナップが充実どころか減る不安が小さくないとか、読もうと思ったら読み放題対象から外れるかもしれないとなると、もうすぐ更新日になりますが、2ヶ月目以降の契約はなかなか決断しにくいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で