ウォルト・ディズニーが4日に発表した6月27日を末日とする第3四半期(2015年4−6月期)の決算は、純利益が前年同期比10.6%増の24億8300万ドルで過去最高を記録。売上高も5.1%増の131億100万ドルと好調でした。EPSは13.2%増の1.45ドル。

主力のメディア・ネットワーク部門の売上高は5%増の57億6800万ドル。営業利益は4%増の23億7800万ドルでした。ケーブルネットワーク(CATV)事業においてディズニー・チャンネルやABCファミリー、ESPNの増加により営業利益が7%増の20億7800万ドル。一方で放送事業は15%減の営業利益3億ドル。番組制作費や人件費関連費用の増加、広告料収入の低下が響きました。

パーク・アンド・リゾート部門の売上高は4%増の41億3100万ドル。営業利益は9%増の9億2200万ドルでした。米国内において、入乗客数の増加や客単価が増えたことが貢献しました。ただ60周年の特別支出や海外事業において入場者数が減少、またパリや香港の運用コスト増などがマイナス要因。チケット等の値上げにより一部を相殺したとのこと。

スタジオ・エンターテインメント部門の売上高は13%増の20億ドル。営業利益は15%増の4億7200万ドルでした。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』が『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』を超えるヒットを記録したほか、Q2の『シンデレラ』が引き続き好調でした。

コンシューマー・プロダクト部門の売上高は6%増の9億5400万ドル。営業利益は27%増の3億4800万ドルでした。『アナと雪の女王』や『アベンジャーズ』、『スター・ウォーズ』関連商品が好調でライセンス収入が増加し、『スパイダーマン』の減少を補っています。

家庭用ゲームを含むインタラクティブ部門の売上高は22%減の2億800万ドル。営業損益は2900万ドル減少しトントンでした。販売本数の減少や販売価格の低下により『Disney Infinity』が減速。またカタログ販売も減少しました。モバイルでは『ツムツム』は引き続き好調で収益に貢献しているとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で