Appleは21日、6月27日を末日とする2015年第3四半期(4-6月期)の業績を発表しました。売上高は前年同期比プラス32.5%の496億500万ドル、営業利益はプラス34.3%の140億8300万ドル、四半期純利益はプラス37.8%の100億6770万ドルでした。一株あたりの利益(EPS)は1.85ドルでした。

iPhoneの販売数は前年同期比で35%拡大して4753万4000台。収益は59%伸びて313億6800万ドルでした。Macも好調で販売数、収益ともに9%の増加。Apple Watchは販売数の詳細発表は無かったものの、ティム・クックCEOは良いスタートを切ったとの報告(Apple WatchやiPod、Applet TV等を含むその他プロダクトの収益は、49%増加の26億4100万ドル)。

業績

  • 売上高 – 496億500万ドル(前年同期比+32.5%)
  • 営業利益 – 140億8300万ドル(+34.3%)
  • 純利益 – 100億6770万ドル(+37.8%)
  • 1株当たり利益 – 1.85ドル(+44.5%)

各デバイスの販売台数・売上高

  • iPhone – 4753万4000台(前年同期比+35%) / 313億6800万ドル(+59%)
  • iPad – 1093万1000台(-18%) / 45億3800万ドル(-23%)
  • Mac – 479万6000台(+9%) / 60億3000万ドル(+9%)
  • サービス – 50億2800万ドル(+12%)
  • その他製品 – 26億4100万ドル(+49%)

地域別売上高ではアメリカ大陸が202億900万ドル(+15%)、ヨーロッパが103億4200万ドル(+19%)、中華圏が132億3000万ドル(+112%)、日本が28億7200万ドル(+9%)、その他アジア太平洋地域が29億5200万ドル(+26%)。

中華圏が112%増と倍増。2015年1−3月期に続いてこの4−6月期も欧州圏を上回り、アメリカ大陸に次ぐ販売規模となっっています。

地域別売上高

  • 米大陸 – 202億900万ドル(+15%)
  • ヨーロッパ – 103億4200万ドル(+19%)
  • 中華圏 – 132億3000万ドル(+112%)、
  • 日本 – 28億7200万ドル(+9%)
  • その他アジア太平洋地域 – 29億5200万ドル(+26%)

Appleは2015年度第4四半期(7-9月期)の業績について、売上高490億〜510億ドル、売上総利益率38.5%〜39.5%、営業費用58.5億ドル〜59.5億ドル程度を見込みます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で