スクウェア・エニックス・ホールディングスは6日、2014年6月30日を末日とする2015年3月期第1四半期業績を発表しました。ゲームを中心とするデジタルエンタテインメント事業をはじめとして全セグメントで増収増益を達成したQ1は、売上高377億5400億円(前年同期比+56.8%)、営業利益50億6800万円(同+634.9%)、経常利益48億5500万円(同+2224.2%)、四半期純利益は34億800万円(前年同期は4億9300万円の赤字)となりました。

2014年4-6月期のデジタルエンタテインメント事業は、売上高234億5000万円(前年同期比+102.6%)、営業利益45億900万円(同+242.0%)と好調でした。

家庭用ゲームソフトでは、『マーダード 魂の呼ぶ声』を欧米で発売。また、発売済みタイトルのリピートも好調だったとのこと。販売実績は311万本で、国内向けが66万本、北米向けが144万本、欧州向けが95万本、アジア他が7万本でした。

スマートデバイス・PCブラウザ等向けの『戦国IXA(イクサ)』や『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』が引き続き順調に推移。また、4月にリリースした『スクールガールストライカーズ』も好調なスタート。

オンラインゲームでは『ファイナルファンタジー14』『ドラゴンクエスト10』がありますが、こちらも堅調に推移しているとのこと。

アミューズメント事業は売上高110億3200万円(前年同期比+13.5%)、営業利益15億4200万円(同+79.6%)でした。

出版事業は売上高26億3800万円(前年同期比+21.9%)、営業利益は6億4900万円(同+37.0%)でした。

ライツ・プロパティ等事業は売上高6億7400万円(前年同期比+8.2%)、営業利益は1億9300万円(同+132.5%)でした。

なお、スクエニが発行する人気漫画「ハイスコアガール」がSNKから「自社が著作権を持つゲームキャラクター多数を無断で使っている」として掲示告発され、著作権法違反の疑いで大阪府警の家宅捜索を受けていますが、これについてスクエニは、“捜査に全面的に協力しておりますが、現在、警察による捜査が行われているため、本件に関する詳細の公表は控えさせていただきます”と発表しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で