任天堂から30日、2015年3月期の第1四半期業績(2014年4-6月)が発表されました。3DSでは海外で『星のカービィ トリプルデラックス』や『トモダチコレクション 新生活』、Wii Uでは『マリオカート8』といった有力タイトルが両ハードで発売されたものの、売上高746億9500万円と前年同期比8.4%減、営業損失は94億7000万円(前年同期は49億2400万円の営業損失)、経常損失は99億6400万円(同148億1700万円の経常利益)、四半期純損失は99億2400万円(同86億2400万円の純利益)でした。

3DSのハード販売台数は、前年の140万台から82万台に減少。特に日本国内での落ち込みが大きく、64万台から26万台へと4割程度に減少しました。ソフト販売本数も857万本で、2割以上の減少。今年度利益の柱として期待されている3DSですが、失速が目立ちます。

Wii Uは、282万本を販売して4-6月唯一のミリオンセラーとなった『マリオカート8』効果もあり、ソフト・ハード共に売上が改善(何も無かった前年が酷すぎたのですけれど)。ハードは51万台(前年同期比+218.7%)、ソフトは439万本(同+326.2%)を販売しました。

ニンテンドーeショップ販売を中心とするダウンロード売上高は50億円(前年同期比-12.2%)でした。

通期予想は5月発表の数字を据え置き、売上高5900億円、営業利益400億円、経常利益350億円、純利益200億円を見込んでいます。

7月以降に発売される、大きな売上を期待されるソフトとしては、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』と『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』、そしてゲーム連動フィギュア『amiibo(アミーボ)』。中心となるタイトルはあるものの、脇を支えるタイトルの少なさが気になるところです。

2014年4月-6月 ハード・ソフト販売数

ハードウェア

  • ニンテンドー3DS: 82万台(-58万台)
    • ニンテンドー3DS LL: 53万台(-46万台)
    • ニンテンドー2DS: 21万台
  • Wii: 9万台(-12万台)
  • Wii U: 51万台(+35万台)

ソフトウェア

  • ニンテンドー3DS: 857万本(-244万本)
  • Wii: 160万本(-207万本)
  • Wii U: 439万本(+336万本)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で