Activision Blizzardの2014年12月期第1四半期業績が発表されました。3月31日を末日とする第1四半期は、2月の見通しを上回る売上高11億1100万ドル(うち、デジタル販売は3億7,900万ドル)、営業利益4億2,700万ドル、純利益2億9,300万ドルを記録しました(GAAPベース)。

2014年Q1は『Diablo III』が北米/欧州合算でナンバー1PCタイトルとなったほか、3月にリリースしたF2P『Hearthstone』が既に1,000万ユーザーの獲得に成功。『World of Warcraft』も760万もの登録ユーザーに支えられています。

また『Call of Duty: Ghosts』は、北米/欧州の合算でPS4/Xbox One市場におけるトップセラータイトルとなっていて、『Skylanders SWAP Force』は関連トイやアクセサリも含めると2014年Q1の売上ナンバー1タイトルでした。

Activision Publishingは今年、『Destiny』(9月9日発売予定)、『Skylanders TRAP TEAM』(10月5日発売予定)、『Call of Duty: Advanced Warfare』(11月4日発売予定)を中心に展開。Blizzard Entertainment側は『Diablo III』『World Warcraft』『Hearthstone』『Heroes of the Storm』を中心に展開していく考え。2014年12月期通期では売上高42億2,000万ドルを見込んでいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で