Ubisoftの2014年3月期第3四半期業績が発表されています。10-12月の売上高は5億2,000万ユーロ(前年同期比-35.2%、CERの場合は-32.7%)、4-12月の売上高は8億1,300万ユーロ(前年同期比-24.8%、CERの場合は-21.8%)でした。

Assassin’s Creed IVは1,000万本突破

売上のハイライトとしては、『Assassin’s Creed IV: Black Frag』が1,000万本突破。また『Just Dance』が600万本を記録しています。期待に届かなかったのは『Rocksmith 2014』で、100万本前後だとのこと。

デジタル市場の売り上げは5,300万ユーロで、『Far Cry 3』の勢いがあった前年同期と比較して4%のダウン。しかしながら2013年4-12月の9ヶ月間では前年同期比12%増の1億2,300万ユーロに増加。デジタル配信やF2P、DLCのセールスが好調でした。

ハード移行期により、旧作タイトルのリピートは21%ダウン。4-12月の9ヶ月間では6%増加し、『Assassin’s Creed III』や『Far Cry 3』、F2Pタイトルにより1億7,200万ユーロを生成しています

マーケットシェアは欧米ともに第4位

Ubisoftは2013年、アメリカ市場で7.9%のシェアを確保する第4位のパブリッシャーでした(昨年は10.5%で第3位)。またヨーロッパ市場では9.1%をシェアを確保する、第4位のパブリッシャーでした(昨年は11.2%で第3位)。

販売割合

地域別(2013年10-12月/2013年4-12月)

  • 欧州: 40%(+3%)/40%(+2%)
  • 北米: 52%(-5%)/51%(-4%)
  • その他: 8%(+2%)/9%(+2%)

プラットフォーム別(2013年10-12月/2013年4-12月)

  • PC: 10%(+3%)/13%(+4%)
  • PS3: 28%(-5%)/26%(-4%)
  • PS4: 12%(–)/8%(–)
  • PS Vita: 0%(-2%)/1%(-1%)
  • Wii: 11%(-3%)/13%(-3%)
  • Wii U: 2%(-3%)/4%(-)
  • 3DS: 0%(-1%)/0%(-1%)
  • Xbox 360: 27%(-10%)/28%(-8%)
  • Xbox One: 9%(–)/5%(–)
  • その他: 1%(–)/2%(–)

Ubisoftは第4四半期、パッケージソフトとしてPS3/Xbox 360/PC『South Park: The Stick of Truth』、PS4/Xbox One『Rayman Legends』、PC『Might & Magic X Legacy』をリリース予定。デジタルソフトはPS3/Xbox 360/PC『Assassin’s Creed Liveration HD』、PS3/Xbox 360『Far Cry HD』等をリリース予定。

Ubisoftは2014年3月期通期、10億ユーロの売上を見込んでいます。また今期は営業損失を見込んでいますが、前回発表時のnon-IFRSベースの営業損失4000万~7,000万ユーロに対し、約6,500万ユーロの損失になるだろうと発表しています。

2015年3月期は営業利益の回復を目指すUbisoft、ソフトラインナップに自信を見せており、まず4-6月期に『Just Dance』『The Crew』『Watch Dogs』を含むメジャーな5タイトルを発売すると発表しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で