任天堂は30日、2014年3月期の第2四半期業績を発表しました。2013年4-9月の売上高は前年比-2.2%の1,965億8,200万円(海外売上比率65.7%)、営業損失は232億7,800万円、純利益は6億円でした。


販売実績を見ると、ハードウェアの売上高が914億8,400万円で前年同期比132億6,200万円のマイナスに。一方でソフトウェアは1,043億8500万円で、前年同期比プラス87億8,300万円でした。

ニンテンドー3DSはソフト市場が全年同期比835万本の増加。しかしソフト市場の拡大はハード牽引には繋がらず、ハード販売台数は全年同期比マイナス117万台の389万台でした。昨年の3DS LLのようなテコ入れが行われなかったことも響いたと思われます。10月には2DSが海外市場向けに投入され、『ポケモンX・Y』や『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』等注目タイトルと合わせて年末商戦でどこまでハードを牽引できるか注目されます。

Wii Uの販売台数は46万台で、7-9月の販売台数は30万台。夏からのテコ入れも難局を打開する有効打とはならず、苦戦しています。

任天堂は目標を据え置いていますが、半期で46万台のWii Uが年度目標900万台に到達するためには2011年末の3DSのような勢いを見せなくてはならず、年末の予定タイトルを見る限り再現は厳しい状況です。2014年春予定の『マリオカート8』が年度内に間に合ってもまだ難しいでしょうね。

2013年4-9月: 任天堂ハード/ソフト 出荷数

ハード

  • ニンテンドーDS: 10万台(前年同期比▲88万台)
  • ニンテンドー3DS: 389万台(同▲117万台)
  • Wii: 47万台(同▲85万台)
  • Wii U: 46万台

ソフト

  • ニンテンドーDS: 525万本(前年同期比▲1,205万本)
  • ニンテンドー3DS: 2,738万本(同+835万本)
  • Wii: 1,490万本(同▲884万本)
  • Wii U: 630万本

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で