アップルは25日、2012年度第4四半期の業績を発表しました。売上高360億ドル、純利益は82億ドルと、7-9月期としては過去最高の業績を記録しています。


Appleの2012年7-9月期の各デバイスの売り上げは以下の通り。

2,690万台 – iPhone(前年同期比+58%)
1,400万台 – iPad(同+26%)
530万台 – iPod(同-19%)
490万台 – Mac(同+1%)

ティム・クックCEOは以下のようにコメントしています。

「過去最高の7-9月期業績で素晴らしい会計年度を締めくくることができましたことをとても誇りに思います。これまでで最も素晴らしいiPhone、iPad、Mac、そしてiPod製品でこのホリデーシーズンを迎えますが、現在開発中の製品にも非常に自信を持っています」

ピーター・オッペンハイマーCFOは以下のようにコメントしています。

「2012年度は、純利益で410億ドル以上、営業キャッシュフローで500億ドル以上を生み出したことを嬉しく思います。2013年度第1四半期は、売上高として約520億ドル、希薄化後の1株当り利益として約11.75ドルを予想しています」

3ヶ月でこれだけの販売台数を叩きだしているアップルですが、次の2013年度では「iPhone 5」が本格的に加わってくるほか、新たなラインナップとして「iPad mini」も追加されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で