コナミから2日、2012年度第1四半期の業績が発表されました。売上高は491億2800万円(前年同期比89.5%)、営業利益は53億8000万円(前年同期比69.3%)、純利益は27億1500万円(前年同期比67.1%)となっています。


主力であるデジタルエンタテインメント事業の売り上げが228億2000万円(前年同期比87.4%)と不調だったことが、売上高の前年割れに響いています。

コナミは今期の通期予想を前年度並みの売上高2700億円、営業利益411億円、純利益231億円としており、計画達成に向けて順調な進捗となった。としています。

家庭用ゲームやソーシャル関連を含むデジタルエンタテインメント事業の内訳は

(単位:億円) 2012年3月期
第1四半期
(’11/4-6)
2013年3月期
第1四半期
(’12/4-6)
コンシューマゲーム 77 51
SNS 78 79
eアミューズメント 43 38
カードゲーム 61 59
その他 2 2
売上高合計 261 228
営業利益 61 52
営業利益率 23.2% 22.8%

となっており、SNSはソーシャルコンテンツ累計登録者数が2,300万人を突破しながら頭打ち。家庭用は目立ったタイトルが無かったことから前年同期比66.2%に減少となり。カードゲーム売り上げにも抜かれ、部門内で3番目の売り上げとなっています。

期間内のビデオゲーム売り上げは、日本で半減(129万本→60万本)しているのが大きく響き、トータル202万本と74万本の減少。サッカーゲーム(ウイニングイレブン)の販売本数は93万本で、前年から18万本増加しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で