エレクトロニックアーツから2011年度(2012年3月期)通期の決算が発表されました。売上高は41.4億ドルと前期から15%向上し史上最高に、純損益は前期2億7,600万ドルあった損失から7,600万ドルの利益へ改善されています。

デジタル販売が拡大―12億ドルの売上

収益が改善された背景として、利益率の高いデジタルビジネスの売上拡大があり、前期比47%成長で12億ドルに達した事が報告されています。

ハイライトでは『FIFA 12』がダウンロードとマイクロトランザクション販売で1.08億ドル、EAゲームプラットフォーム『Origin』が1.5億ドルを売り上げたことが説明されました。また8月に買収したPopCapが提供するアプリ『Bejeweled』の最新版は、App StoreでEAのトップ興行収入を上げています。

新作や既存タイトルも好調

新作タイトルでは『Mass Effect 3』『FIFA Street』『SSX』『Kingdoms of Amalur: Reckoning』が強く牽引。『Mass Effect 3』については小売店セールスが2億ドルを突破しています。

また既存タイトルでは『FIFA 12』フランチャイズは上記デジタル販売の好調もあって史上最高の年に。『Battlefield 3』も3月で630万人のアクティブユーザーがおり、EAのプレミアゲームサービスの地位を確立。成長し続けるFPS市場で一定のシェアを確保しています。5月6月には新たなDLCがリリースされる予定。

2012年度(2013年3月期)の発売予定タイトル

2012年度の主な発売予定タイトルも発表されています。注目はQ2(2012年7-9月)の『FIFA 13』をはじめとしたEA Sports名義のスポーツタイトル群。そしてQ3(2012年10-12月)の『Need for Speed』新作ですね。

『FIFA 13』については新たな映像ソフトウェアを採用したスクリーンショットが公開されたほか、ディティールの一部も明らかになっています。

  • Q1(2012年4-6月)
    • The Secret World
  • Q2(2012年7-9月)
    • FIFA 13
    • Madden NFL 13
    • NCAA Football 13
    • NHL 13
  • Q3(2012年10-12月)
    • Medal of Honor Warfighter
    • Need for Speed
  • Q4(2013年1-3月)
    • Crysis 3
    • SimCity

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で