KDDI は22日、英会話教室のイーオンなどを運営するイーオンホールディングスを買収すると発表しました。2018年1月22日をめどに、KDDIはイーオンHDの全株式を取得し、完全子会社化する予定です。この買収により、KDDIは今後も成長・拡大が見込まれる教育市場へ新規参入します。

KDDI、イーオンHDを買収し教育市場へ参入

KDDIが、英会話教室のイーオンなどで知られるイーオンホールディングスを買収し、教育分野に参入します。発表によると、KDDIはこれまで培ってきた「ICT技術」に加えて、イーオンHDが長年にわたって育成・蓄積してきた指導経験豊富な教師・オリジナル教材・留学サービス」を組み合わせて、両社で顧客ひとりひとりにあった学習内容を提示し、新たな価値・サービスの提供を目指します。

今後、両社のアセットを融合し、AI技術を活用した学習者向けのカリキュラム最適化支援や、VR技術を活用したバーチャル英会話プログラムなどのサービスを検討していくとしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で