楽天とLIFULLが共同出資する民泊事業会社の楽天LIFULL STAYが4日、マンスリーマンションサイト「LIFULL HOME’S マンスリー」の運営を開始しました 。 4日時点で1万件以上のマンスリー物件情報が掲載されています。

「LIFULL HOME’S マンスリー」は、出張や転勤、研修、就活、受験、仮住まいなどに便利なマンスリー(短期賃貸契約)型の物件を掲載するマンスリーマンション紹介サイト。サービス開始に先駆けて8月8日より不動産事業者向けに物件掲載の事前申し込みを受け付けており、開始時点で1万件以上の物件掲載ラインナップとなっています。

サイトでは長期の出張や転勤、住居のリフォーム時の仮住まい探しなど様々なニーズに答えるマンスリー物件情報を掲載。物件の間取りや面積、最寄り駅からの距離、料金といった基本情報を確認するだけでなく、入居期間や入居人数、備え付けの設備や備品、機能、条件などを選択して、より具体的な料金シミュレーションを行うことも可能です。

希望の物件があったら、空き情報などは各物件情報ページに記載されている電話番号もしくは問い合わせフォームから、物件を取り扱う不動産会社に確認。その後、物件の問い合わせや申し込み、入居までは各物件を取り扱う不動産会社と行っていくということです。

楽天LIFULL STAYは今後、住宅宿泊事業法(民泊新法)施行後に民泊サイト「Vacation Stay」(仮称)を開設予定。民泊新法では営業日数が年間180日に制限されることから、空白期間を民泊事業者に有効活用してもらうため、マンスリーマンションサイトを運営するとのこと。

年内には事業者向けの在庫管理システムを導入し、空いている在庫・期間を自動登録・表示する機能を追加するなど、マンスリーマンション事業者が契約空白期間を民泊として貸し出しやすい環境を整備する計画です。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly