Apple が1日に発表した2017年4-6月期(第3四半期)の決算は、売上高が前年同期比でプラス7%の増収となりました。純利益もプラス12%の増益でした。

発表された売上高は7%増の454億800万ドル、純利益は12%増の87億1700万ドルでした。Q3 は iPhone をはじめ iPad、Mac、サービスその他の全製品部門が前年を上回るパフォーマンスを記録。増収増益となりました。

Apple の2017年度Q3決算(4-6月)

売上高:454億800万ドル(前年同期比+7%)
純利益:87億1700万ドル(+12%)

各デバイス・サービスの販売台数 / 売上高

  • iPhone – 4102万6000台(前年同期比+2%) / 248億4600万ドル(+3%)
  • iPad – 1142万4000台(+15%) / 49億6900万ドル(+2%)
  • Mac – 429万2000台(+1%) / 55億9200万ドル(+7%)
  • サービス – 72億6600万ドル(+22%)
    *デジタルコンテンツ・サービス、AppleCare、 Apple Pay、ライセンシングなど
  • その他製品 – 27億3500万ドル(+23%)
    *Apple TV、Apple Watch、Beats製品、iPod、アクセサリなど

地域別売上高

  • 米大陸 – 203億7600万ドル(+13%)
  • ヨーロッパ – 106億7500万ドル(+11%)
  • 中国 – 80億400万ドル(▲10%)
  • 日本 – 36億2400万ドル(+3%)
  • その他アジア太平洋地域 – 27億2900万ドル(+15%)

減少傾向だった iPad も新モデルの投入で盛り返し、四半期での1000万台を回復しています。コンピュータでは Mac も400万台規模を維持。iTunes Store や App Store、Apple Music などデジタルコンテンツ・サービスを含むサービス部門は22%増。周辺機器販売が好調だったその他製品も23%増と数字を伸ばしています。

地域別では欧米が二桁増。日本も3%伸びました。一方、中国市場は10%減と四半期ベースで減少が続いています。

7-9月の見通しは売上高が490億〜520億ドル。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly