米エレクトロニック・アーツが発表した2017年4-6月期の決算は、主要フランチャイズが好調だったことやデジタル市場が伸びたことで増収増益となりました。売上高は14.5億ドル(+14%)、純利益は6.4億ドル(+46%)でした。デジタルの売上高は8.8億ドルで、売上高全体の60%以上を占めました。

EA Q1 決算 ハイライト

  • EA SPORTS レーベルの「Ultimate Team」のユニークプレイヤーは、全体で前年同期比11%増加。
  • 『Battlefield 1』への参加数は第1四半期末までに2100万プレイヤーを突破。
  • PC『The Sims 4』のMAU(月間アクティブユーザー数)は、前年同期比で20%増加。
  • 『FIFA Mobile』のユニークプレイヤーは9500万以上に到達。
  • 『NBA LIVE Mobile』は、1stシーズンのローンチ以来7000万ものユニークユーザーに遊ばれている。

プラットフォーム別に売上を見ると、Xbox One, PlayStation 4 が全体の67%を占め最も大きいシェアを獲得。前年同期比では26%増の9.7億ドルを稼ぎ出しました。PC/ブラウザーがそれに続いて17%、こちらも34%増の2.4億ドルと拡大しています。モバイルは12%でした。

デジタル売上8.8億ドルの内訳は、ゲーム本編が2.1億ドル(+53%)、ライブサービスが5億ドル(+29%)、モバイルが1.7億ドル(+2%)という構成。

EA の2018年3月期今後の予定としては、Q2(7-9月)に EA SPORTS から『FIFA 18』『Madden NFL 18』『NBA LIVE 18』『NHL 18』が発売。Q3(10-12月)はコンソール版『The Sims』と『Need for Speed Payback』、『Star Wars Battlefront II』。Q4 は『UFC 3』が発売されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で