楽天は1日、コーポレートロゴの刷新およびグループサービスのロゴを、これまでの漢字からローマ字表記の「Rakuten」ブランドを核としたものへ変更していくと発表しました。7月1日より順次、サービスサイトやアプリで新しいロゴが使われます。たとえば楽天市場は「Rakuten」、楽天カードは「Rakuten Card」など。

2017年で創業20周年を迎えた楽天。現在はEコマース(楽天市場)だけでなく、トラベルやデジタルコンテンツ、通信等のインターネットサービス、クレジットカード(楽天カード)をはじめとする、銀行、証券、保険、電子マネーなどのフィンテック(金融)サービス、さらにはプロスポーツなど、グループとして国内外で70以上のサービスを展開し、10億以上のユーザーに利用されています。

今回のロゴ刷新は、7月よりはじまるスペインの「FCバルセロナ」とのグローバル・パートナーシップが契機に。ブランドを統一することで各サービスロゴの共通性を高めるなど、一体的なブランド構築・強化を行っていくことで、国内外における楽天ブランドの一層の認知向上を図ることを目的としています。国内のみならず、国外でも「楽天エコシステム」の構築・拡大を図ります。

バルセロナのユニフォームに使われるロゴは、この新しいコーポレートロゴをベースとしながら、漢字の「一」をモチーフにデザインされた横線を下部に配置した特別なデザインに。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で