カプコンは19日、バンダイナムコエンターテインメントとの間で、『ストリートファイター』シリーズなどのオンラインマッチングに関する特許クロスライセンス契約を締結したと発表しました。

この契約は、両社の各タイトルの開発促進や開発コストの軽減、ユーザーの利便性を高めることを目的としたもの。

カプコンはこの契約で許諾を得た特許権を『ストリートファイター』シリーズなどのゲームで有効活用し、多くのユーザーにより一層楽しんでもらえるゲームコンテンツの提供を目指していくとしています。

カプコンは『ストリートファイターV』で、バンダイナムコは『鉄拳7』でマッチングの不具合が発生。人気対戦格闘ゲームを抱える両社が協力することで、最新作で発生してしまったようなオンラインに関する問題を減らしたり、未然に防いだり、早期の修正を期待できます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で