コナミホールディングスが11日に発表した2017年3月期決算は、売上高が前の期と比べて8%減少して2299億円となったものの、営業利益は47%増の364億円、税引前利益が50%増の355億円、純利益が147%増の260億円の減収増益となりました。利益率の高いモバイルゲームが引き続き好調に推移しています。

コナミHD 2017年3月期 決算

売上高:2299億2200万円(前期比▲8.0%)
営業利益:363億5900万円(+47.3%)
税引前利益:355億3100万円(+49.5%)
当期利益:259億5100万円(+146.8%)

セグメント別の売上高 / 損益

  • デジタルエンタテインメント:1055億7300万円(▲8.2%) / 337億5900万円(+13.1%)
  • 健康サービス:686億4800万円(▲3.7%) / 42億2400万円(+57.1%)
  • ゲーミング&システム事業:312億5100万円(▲8.8%) / 48億4900万円(▲13.0%)
  • アミューズメント:253億4200万円(▲14.9%) / 52億3900万円(+11.4%)

地域別の売上高

  • 日本:1724億4800万円(+27.3%)
  • 米国:404億4500万円(▲24.0%)
  • 欧州:102億5700万円(▲49.8%)
  • アジア・オセアニア:67億7200万円(▲18.5%)

日本市場は拡大したものの、海外向けは減収。全体では、利益率の高いモバイルゲームが好調だったことやコスト削減効果などで増益となりました。

デジタルエンタテインメント

家庭用ゲームを含む主力のデジタルエンタテインメント事業は売上高1056億円、セグメント利益338億円。利益率の高いモバイルゲームが好調に推移して構成比率が高まったことから、減収増益となりました。

モバイル

モバイルゲーム分野において、第4四半期に『遊戯王 デュエルリンクス』を約150の国と地域で配信開始し、好調に推移しているほか(4月時点で4000万DLを突破)、国内市場向けの『実況パワフルプロ野球』『プロ野球スピリッツA(エース)』をはじめとする各タイトルも好調でした。

グローバル市場向けタイトルの『ウイニングイレブン クラブマネージャー (海外名:PES CLUB MANAGER)』や『StarWars: Force Collection(スター・ウォーズ フォース コレクション)』も堅調な推移を見せています。

家庭用ゲーム

家庭用ゲーム分野では『実況パワフルプロ野球2016』や『ウイニングイレブン 2017(海外名: PES 2017 -Pro Evolution Soccer-)』が堅調な動きを見せました。3月に発売した Nintendo Switch 用ソフト『スーパーボンバーマン R (海外名: Super Bomberman R)』は3月末までに50万本を超えるスマッシュヒットを記録しています。

スーパーボンバーマンR
スーパーボンバーマンR
メーカー: コナミデジタルエンタテインメント
発売日: 2017-03-03

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly