バンダイナムコホールディングスは16日、欧州大陸地域におけるガバナンス機能を強化し、さらなるグループ内連携の促進と事業拡大を図るため、ヨーロッパ地域の組織再編を実施すると発表しました。

バンナムは「グローバル市場での成長」を掲げ、日本やアジアだけでなく欧米でも事業拡大を目指しています。現在のヨーロッパ地域では、イギリスの地域統括会社のもと、フランスに拠点をおく BANDAI S.A.S (BSAS) がトイホビー事業会社と持株会社の2つの機能を持つ事業持株会社として、欧州大陸地域を統括しています。

今回の組織再編 & 子会社設立によって、BSAS の持つ事業会社機能と持株会社機能を明確に分離。欧州大陸地域におけるガバナンス機能を強化し、さらなるグループ内連携の促進と事業拡大を図っていくとしています。

今後の流れとしては、
2017年3月:
・BSAS の子会社として、新たに BANDAI Toy S.A.S. (仮称、以下 Btoy)を設立

2017年9月:
・BSAS が BANDAI NAMCO Holdings France S.A.S.(以下 BNHF)に名称変更し、Btoy は BANDAI S.A.S. に名称変更
・BNHF から BANDAI S.A.S. にトイホビー事業を移管

なお、この件に伴う2017年3月期連結業績への影響は無いとのこと。

BNHF はバンナムHDが100%出資する完全子会社で、資本金は2億1690万000ユーロ(現 BSAS の資本金と同額)。新設子会社の BANDAI S.A.S. は BNHF が100%出資する完全子会社で、資本金は2017年9月時点で901万8000ユーロ予定。

2017年4-9月期におけるヨーロッパ地域の売上は、前年同期比67.8%の184億8100万円。通期見通しは82.7%の380億円。一時の不調期は脱したものの、事業規模の拡大という面では遅れています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で