ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは12日、任天堂との協業で制作を進めている任天堂キャラクターや世界観をテーマにしたエリア「SUPER NINTENDO WORLD (スーパーニンテンドーワールド)」を、2020年の東京オリンピック開催前にオープン予定だと発表しました。

ユニバーサル・スタジオの任天堂エリアは日本以外にアメリカのオーランドとハリウッドの計3ヶ所でオープン予定ですが、USJの「SUPER NINTENDO WORLD」は他2ヶ所に先駆けて、世界で最初にオープンします。

USJ に任天堂のテーマエリア「SUPER NINTENDO WORLD」が世界で最初にオープン

ユニバーサルのクリエイティブチームと、宮本茂氏など任天堂のクリエイティブチームが品質にこだわり抜いて制作しているという「スーパーニンテンドーワールド」は、任天堂の人気キャラクターやゲームの世界観を再現した、最新鋭技術を活用するライド・アトラクションとインタラクティブ・エリア、ショップ、レストランを有する、二層構造の巨大複合エリア。

任天堂ゲームの世界を、五感を使って1日中楽めるエリアになるということです。

テーマエリアへの投資額はUSJの1ヶ所で500億円を越える規模になる予定で、建設エリアは、現在パーク敷地内の駐車場と、将来の拡張用地の一部にパークエリアを拡張した上で建築されるとのこと。

イメージビジュアルも公開。クッパキャッスルの城門があったり、ピーチ城があったり、キノピオの家があったり、『スーパーマリオ』に入ったような世界となっています。奥の方は3Dマリオのコースを再現しているようにも見えますね。

ビジュアルを見るとマリオの世界観一色といった感じですが、これはあくまでイメージ。「SUPER NINTENDO WORLD」では、マリオ以外にも多くの任天堂キャラクターに出会うことができます。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly