KDDI は8日、インターネットサービスプロバイダ(ISP)大手のビッグローブを約800億円で買収し、完全子会社化すると発表しました。日本産業パートナーズが保有する全株式を2017年1月末までに取得する予定。

ビッグローブは固定回線を利用したインターネット接続サービスを事業展開していて、2016年9月末までの会員数は200万人超。モバイル事業でも約40万人の利用者がいます。

一方 KDDI は、2016年9月末時点で「auひかり」などグループが展開する固定通信サービスで904万契約、ケータイ・スマホの「au」で3858万契約となっています。

KDDI は近年、通信以外の新しい事業分野「au WALLET」や「au WALLET Market」、電気、保険などにも進出。今回のビッグローブ子会社化も、単に通信事業領域の強化にとどまらず、それぞれの顧客基盤や事業ノウハウ等を生かして、決済や物販事業といった非通信領域での相乗効果を目指していくということです。

NTT系の回線を使う「BIGLOBE SIM」や「ビッグローブ光」の行方は

ビッグローブは格安SIMサービス「BIGLOBE SIM」でNTTドコモの回線を、「ビッグローブ光」ではNTT東西の回線を使っています。

KDDI 傘下になることで使用回線の行方が気になるところですが、報道では今のところそのまま利用可能だとか。ただ、今後の提供形態については変更の可能性がありそうで、追ってアナウンスするということです。

将来的には KDDI 系に統一されることもあるかもしれません。というか、今回は完全子会社化なので、それが自然な流れかも。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly