任天堂とユニバーサル・パークス&リゾーツは29日、両社のグローバルパートナーシップについて続報を発表しました。

両社が協業して任天堂IPを用いたテーマパーク展開を行うことは2015年に発表されていますが、今回は任天堂エリアを大阪(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)とアメリカのオークランド、そしてハリウッドの3ヶ所で展開することが正式発表。

企画・制作は順調に進行しており、今後数年の間にそれぞれの地域のタイミングでオープン予定。

任天堂をテーマとしたエリアが、大阪、オークランド、ハリウッドに誕生

具体的な採用タイトルはまだ不明であるものの、一例としてマリオが紹介。マリオなどおなじみキャラクターと出会い、ハテナブロックやパワーアップアイテムなどのアイテムを目の当たりにし、巨大なパックンフラワーが急に動き出すといった、任天堂ゲームならではの楽しく独特な世界を、“実体験” できるものになるということです。

プロジェクトには任天堂のゲーム開発者とユニバーサルのクリエイティブチームが一丸となって参加。両社が目指しているのは「任天堂のゲームキャラクターたちに新たな息吹を与え、そのアクションや冒険を、ユニバーサルのテーマパークで現実の体験にすること」です。

ユニバーサル・クリエイティブのマーク・ウッドベリー氏によると、創ろうとしているのは「任天堂の世界そのもの」。

ワクワクしますね。

任天堂とユニバーサルは、この体験を実現するために、今までにない革新的な手法を用い、ゲーム画面で体験していた冒険や、ドキドキするような楽しさ、他にはない斬新さをリアルに再現して、実際に体験してもらえるようにするということです。

複数のアトラクション、ショップやレストランも

「任天堂」エリアは、壮大で、その世界観に浸ることのできるインタラクティブなエリアになります。アトラクションは1つではなく複数、ショップやレストラもある、高いテーマ性を備えた世界観をリアルに再現したエリアだということです。

残念ながらアトラクションに採用されなかったキャラクターとも、ショップやレストランでは出会えるかもしれません。

  • 『Nintendo』をテーマとしたエリアが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、ユニバーサル・オーランド・リゾート、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドに誕生します。
  • 壮大で、その世界観に浸ることのできる、インタラクティブなエリアです。複数のアトラクション、ショップ、レストランを有する、高いテーマ性を備えた世界観をリアルに再現しています。
  • お客様は自分のお好きなゲームの中に入り込んだと心から実感することができます。
  • 年齢やゲームの熟練度にかかわらず、あらゆる人が楽しめます。
  • このエリアの企画と制作は順調に進行しています。今後数年の間に、それぞれのしかるべきタイミングでオープンする予定です。

任天堂によると、『Nintendo』エリアの具体的な内容については、ユニバーサルの各テーマパークより随時発表予定。最初の発表は “近い将来” に予定されています。

発表はそれぞれのテーマパークから行われるということは、完成する任天堂エリアやアトラクション内容は地域ごとに異なる内容になる?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で