楽天は11月28日より、フジ系列のスーパー105店舗で共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」のサービスを開始します。

フジは愛媛県に本社をおく、愛媛をはじめとする四国4県と広島県・山口県に店舗を展開するスーパーマーケットチェーン。

楽天とフジは10月から先行して来店ポイントアプリ「楽天チェック」を導入していますが、このたび「楽天ポイントカード」の導入がスタート。

利用者は、支払い時に「楽天ポイントカード」を提示することで「楽天スーパーポイント」が付与、あるいは支払い時に「楽天スーパーポイント」を利用することができます。

「楽天ポイントカード」に対応するのはフジ90店舗(パルティ・フジ4店舗、ザ・カジュアル仏生山店を除く)とフジ系列スーパーのピュアークック10店舗、スーパーABC5店舗の計105店舗。

ポイント付与率は200円(税抜)に付き1ポイントです。

なお、現在フジで採用されている「エフカポイントサービス」は今後も継続され、支払い時に「楽天ポイントカード(楽天スーパーポイント)」といずれかを選択する形になります。併用して使うことはできないとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で