Apple が25日に発表した2016年7-9月期決算は、売上高が前年同期比9%減の468億5200万ドル、純利益は19%減の90億1400万ドルでした。

通期でも売上高が8%減の2156億3900万ドル、純利益が14%減の456億8700万ドルと減収減益でした。中国経済の減速や、iPhoneの販売減が響きました。

iPhone 7/7 Plus のローンチは期末だったため、Q4 の iPhone の販売には iPhone 6s/6s Plus や SE も含まれています。

デバイスの販売が伸び悩んだ一方で、iTunes Store や App Store などサービス関連は好調。63億2500万ドルを販売し、前年同期比プラス24%の成長を見せています。

Apple 2016年9月期第4四半期(7-9月期) 業績

  • 売上高 – 468億5200万ドル(前年同期比▲9%)
  • 純利益 – 90億1400万ドル(▲19%)
  • 1株当たり利益 – 1.67ドル(▲15%)

各デバイスの販売台数・売上高

  • iPhone – 4551万3000台(前年同期比▲5%) / 281億6000万ドル(▲13%)
  • iPad – 926万7000台(▲6%) / 42億5500万ドル(▲0%)
  • Mac – 488万6000台(▲14%) / 57億3900万ドル(▲17%)
  • サービス – 63億2500万ドル(+24%)
    *インターネットサービス、AppleCare、 Apple Pay、ライセンシングなど
  • その他製品 – 23億7300万ドル(▲22%)
    *Apple TV、Apple Watch、Beatsプロダクト、iPod、アクセサリなど

地域別売上高

  • 米大陸 – 202億2900万ドル(▲7%)
  • ヨーロッパ – 108億4200万ドル(+3%)
  • 中華圏 – 87億8500万ドル(▲30%)
  • 日本 – 43億2400万ドル(+10%)
  • その他アジア太平洋地域 – 26億7200万ドル(▲1%)

年末商戦を含む2016年10-12月期の売上高は、昨年並の760億からそれを上回る780億ドル程度になるとの予測。9月末に発売した iPhone 7 の売上は堅調と評価しています。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly