ローソンは24日、銀行事業参入に向けて準備会社の設立を決めたと発表しました。11月下旬をめどに設立予定。資本金は5億円で、株主はローソンが95%、三菱東京UFJ銀行が5%。新銀行の設立時期は明らかにされていませんが、報道によると2018年頃を目指しているのではないかということです。

ローソンは現在も公共料金の収納代行や他銀行との共同ATMを設置するなどしていますが、銀行業へ参入することで自ら金融サービスを提供できるようになります。より利便性向上につながる、コンビニエンスストアと銀行のシナジー効果を生み出せるような新サービスの展開を目指していくということです。

ファミマとサークルKサンクスの経営統合によって、約1万2600店舗のローソンは業界3位に転落。2016年3-8月期の決算は10年ぶりに減益となるなど、収益力の改善・強化が課題となっています。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly