Activision Blizzard が4日に発表した2016年4-6月期決算は、『Overwatch』の成功もあり、前年同期を50%上回る、Q2としては過去最高の売上高15億7000万ドルを達成しました。一方で開発コストやマーケティング費用など諸費用が増加したことで採算性は利益率は悪化。営業利益は2億3200万ドル(▲30.1%)、純利益は1億2700万ドル(▲40.0%)でした。

好調な売上を支えたデジタル販売は10億ドルを突破。11億4100万ドルを販売し、前四半期と比較して23%増、前年同期と比較して101%増加しました。

『Overwatch』は現在までに世界1500万ユーザーを獲得。中国では『Diablo III』が樹立したPCゲームの最速販売記録を更新し、韓国市場においてもインターネットゲームルームのプレイ時間の3割を占める1番人気のタイトルであるということです。

Activision Blizzard 社としては、Q2に平均4億9100万のMAU(月間アクティブユーザー数)を記録。Activision タイトルは前年同期比11%アップの4900万MAUで、Q2としては過去最高に。Blizzardは3300万MAUを獲得し過去最高の四半期となりました。KingのMAUは4億900万とやや減少。これは季節要因やローンチのタイミングに依るものだということです。

Q2までの好調な結果を受けて、Activision Blizzard は通期業績の見通しを上方修正。通期売上高は64億ドル(前回発表から+2億7000万ドル)、EPSは0.87ドル(+0.18ドル)としています。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly