スクウェア・エニックス・ホールディングスが5日に発表した2017年3月期第1四半期(2016年4-6月期)の決算は増収減益となりました。売上高は前年同期比21.1%増の511億9300万円、営業利益は89億4900万円(+13.3%)、経常利益は64億4600万円(▲32.5%)、純利益は53億3600万円(▲11.1%)でした。

主力のデジタルエンタテインメント事業が引き続き業績を牽引したものの、円高の影響で為替差損を25億2000万円計上したことが響き、経常利益、純利益は前年に対して減少しています(前年は逆に為替差益14億4800万円を計上し、経常利益を押し上げました)。

デジタルエンタテインメント事業:前年度サービス開始タイトルが期初から収益に寄与

家庭用ゲームを含むデジタルエンタテインメント事業は売上高375億4100万円(+23.9%)、営業利益は94億7200万円(+15.6%)でした。
スマートデバイス・PCブラウザ等向けゲームでは既存タイトル群が引き続き好調だったことに加えて、前年度よりサービスが始まった新規タイトル(『メビウス ファイナルファンタジー』『星のドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』『グリムノーツ』など)が期初から収益に寄与。

家庭用ゲーム機向けタイトルでは、『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』が発売されたほか、ダウンロードを中心とするリピート販売も好調でした。

その他のセグメント

アミューズメント施設の運営や業務用ゲーム機器・関連商品などを扱うアミューズメント事業は、売上高103億5100万円と22.1%の増収。一方で営業利益は11.6%減少して8億3100万円でした。『ガンスリンガー ストラトス3』などのアミューズメント機器の販売が好調であったほか、店舗運営も好調に推移したということです。

コミック雑誌やコミック単行本、ゲーム関連書籍等の出版・許諾等を行う出版事業の売上高は16.2%減の22億5300万円。営業利益は16.2%減の5億3000万円でした。前年同期と比較して電子書籍のライセンス収入は増加したものの、コミック単行本の売上は減少しました。

コンテンツに関する二次著作物の企画・制作・販売およびライセンス許諾を行うライツ・プロパティ等事業の売上高は21.8%増の14億1800万円。営業利益は33.2%増の5億6000万円でした。自社コンテンツののキャラクターグッズやサウンドトラック等の販売・許諾、他社の有力コンテンツのキャラクターグッズ化等が好調でした。

スクエニHD 2016年4-6月 業績

売上高:511億9300万円(前年同期比+21.1%)
営業利益:89億4900万円(+13.3%)
経常利益:64億4600万円(▲32.5%)
純利益:53億3600万円(▲11.1%)

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly